読書の部屋(2016年)


2016年に読んだ本です。
 
 
2017年の「読書の部屋」はこちらです。


 
ご紹介いただいて、読んだ本
1. 『楽園のカンヴァス』 原田 マハ(新潮文庫)
 
 
読んで印象深かった本
1. 『狂うひと』 梯 久美子(新潮社)
 
 
 
読んだ本
1. 『狂うひと』 梯 久美子(新潮社)
3. 『流しの下のうーちゃん』 吉村 萬壱(文藝春秋)
5. 『おべんとうの人』 阿部 了(木楽舎)
6. 『経済数学の直観的方法 確率・統計編』 長沼 伸一郎(ブルーバックス)
8. 『文学としてのドラゴンクエスト』 さわやか(コア新書)
9. 『このあたりの人たち』 川上 弘美(スイッチ・パブリッシング)
13. 『17歳のうた』 坂井 希久子(文藝春秋)
17. 『医者とはどういう職業か』 里見 清一(幻冬舎新書)
18. 『江戸前魚食大全』 冨岡 一成(草思社)
21. 『「戦争」を語る』 立花 隆(文藝春秋)
31. 『細胞の中の分子生物学』 森 和俊(ブルーバックス)
32. 『断片的なものの社会学』 岸 政彦(朝日出版社)
41. 『文具と雑貨作りの教科書』 日経デザイン編(日経BP)
44. 『地図でみるブルゴーニュ・ワイン』 Sylvain Pitiot et Jean-Charles Servant(早川書房)
47. 『下流中年』 複数著者(SB新書)
59. 『家へ』 石田 千(講談社)
62. 『予想どおりに不合理』 ダン・アリエリー(早川文庫)
63. 『セーラー服の歌人 鳥居』 岩岡 千景(KADOKAWA)
69. 『コーヒーが冷めないうちに』
70. 『中世社会のはじまり』 五味 文彦(岩波新書)
71. 『謎の毒親』 姫野 カオルコ(新潮社)
74. 『財務3表一体理解法』 國貞 克則(朝日新書)
76. 『野尻抱影 星は周る』 野尻 抱影(平凡社)
 
 
再読した本
1. 『死の棘』 島尾 敏夫(新潮文庫)
2. 『人間の建設』 小林 秀雄・岡 潔(新潮文庫)
3. 『「深い河」を探る』 遠藤 周作(講談社)
4. 『宗教と科学の接点』 河合 隼雄(岩波書店)
5. 『深い河』 遠藤 周作(講談社)